矯正をした後のこと

 

矯正後の保定

 

矯正治療をした後に、欠かせないのが保定です。

きれいな歯並びを保つため、(人には知られずに、コッソリと)努力してもらいます。

矯正装置を外して、代わりに保定装置に換えるのです。

ワイヤーで歯の裏側から固定するタイプと、マウスピースを装着するタイプの大きく二通りがあります。

 

当院では、日常生活が楽なように、裏側からのワイヤー固定を選択するのが普通です。

最終的には、状況によりどれを選ぶかは、ケース・バイ・ケースになります。

その上で、1年に一度、定期健診(保険治療)を兼ねて診させてもらいます。

保定期間は、最低でも2年間です。

この間に、キレイになった歯並びの状態で新しい組織への改造が進み、安定してきます。

当院では、

「最低2年間は保定を頑張ろう!2年後の時点で、とりあえずもう少し続けても良いですよ、という気持ちであれば、飽きるまで付けておいて! 飽きたら外すから。。。」
という説明をしています。

 

保定装置

 

ホワイトワイヤー矯正日常の生活にできるだけ負担が掛からないよう、歯の裏側へのワイヤー固定を選択することが多いです。

歯にワイヤーを接着剤で直接くっつけてしまう方法です。

 

表側からは一切見えません! 必ずすぐに慣れます!

固定するときには、歯を一切削りません。

 

しかし、歯磨きしにくい所を改めて作ることになりますから、歯磨きを頑張るとともに、定期健診でフォローすることも大事です。

 

クリアリテーナーというマウスピースタイプのものもあります。
単独ですることもあれば、ワイヤー固定との併用で用いることもあります。

単独で用いる場合、自分で意識してしっかりと装着して過ごしてください。

 

ついつい忘れてしまうことになると、後戻りが早く強く起きてしまい、せっかくの治療の成果が台無しになってしまうこともあります。

 

後戻り

 

どのぐらい保定したら100%安定して、絶対大丈夫と言えるのでしょうか?

 

矯正が終わった時点で歯並びはキレイになっていますが、当然まだ安定していません。
そして、大事なことは、最初の歯並びが悪い状態は、気に入らなかったかもしれないけれど、体は遺伝情報その他で完成していた、ということです。

 

ですから、保定が不十分だと元の状態に戻ろうとする力が働き、せっかくきれいになった歯並びがばらけてくるのです。(これが、後戻りです)

矯正の慣例として、2年から3年の間しっかり保定しましょう!という考え方が普通です。
ただ2年では、完全に安定しきれていないことが多いと思われます。

 

問題は、何年保定したらどのくらい安定する、という情報が分からないことです。

一応、2年間の保定としていますが、 2年以上、長期に渡って固定した方が安定度が増すのは当然でしょう。

仮に、通常の倍の4年間保定したら95%安定するという事実があるとしても、残りの5%は戻ってしまいます。

 

その時この戻りを、
「これぐらい全然気になりません」 と言ってもらえるのか?
「そこがすごい気になるんです・・・」 と言われるのか?
これは分かりません。

 

そして、気になるから治したいと言われたら、矯正装置を付け治して再治療しなければいけない・・・ということです。

ですから、保定しているときに日常の生活にできるだけ負担が掛からないよう、歯の裏側へのワイヤー固定を選択することが多いです。

そして先々、もしもワイヤー固定を外すことになれば、
「新たにマウスピースを作るから、寝るときだけでも装着してくれ!」

というお願いをして外します。

 

親知らず

 

先に記したように、後戻りは親知らずがあってもなくても起きる恐れがあります。

ただ、親知らずが存在すると、後ろから押してきて前歯がデコボコなどに戻るリスクが高くなるのです。

だから、減らせるリスクは減らしましょう!という考え方から、機会と決心がつけば、親知らずを抜いて欲しい!というお願いをしています。