矯正治療は痛くない!?

 

矯正治療って痛いの??

 

矯正治療は痛い!・・・と多くの方が考えておられます。

 

「歯の痛みや頭痛がひどくなり、痛み止めが絶対必要なのですか?」

ときどき、そのような話をカウンセリングや、(患者さんの)友達の話だけど、ということで真顔で尋ねられることがあります。

決してそんなことはありません!

 

小学生でも我慢できる程度の痛みまでを我慢してください!!

歯が動くためには、歯の周りで様々な反応が生じて、様々な物質ができてきます。

その中に痛みをおこす物質も含まれています。ですから、痛くも痒くもないなどとは言いません。

でも、我慢するレベルは、

小学生でも大丈夫!

痛み止めを服用しなくても、普段通りの生活が問題なく過ごせます!

という程度の痛みまでです。

もしも、それ以上の痛みがある場合は、遠慮なく 「痛いです!」 と教えてください。

ちなみに、痛いのは最初の数日だけで、それを過ぎれば、普段の痛みは全くありません。

 

痛みを耐えたらどうなるの?

 

「歯が動くときの反応の中で痛みが起きるなら、痛みが強くても、その分反応が大きいから、痛みを我慢した方が歯がたくさん動き早く治療が終わるのでは!?」

と考える方もいると思います。

実は、全然違うのです!

 

結論から言うと、

「痛すぎる 」= 「力が強すぎる 」⇒ 「歯が動かない 」 という図式なのです。

まず大事なことは、歯はたった10gの力でも動く!ということです。

 

ですから、前歯で150~200g程度、奥歯でも300~500g程度のとても弱い力で反応のピークを迎えます。

 

そして、それよりも大きい力になると、歯の動くスピードはだんだん遅くなっていきます。

なぜでしょうか?

歯が動くとき、歯の周りにある血管から様々な反応を引き起こす物質が出てきて、いろんな反応が起きます。

 

そのとき、矯正の力が強すぎると、歯の周りの血管が押されてつぶれて周囲は貧血を起こしてしまい、反応を引き起こす物質が出なくなるのです。

 

ところが、力は入っていますから、周りから痛みをおこす物質が集まってきてしまい、どんどん痛くなってしまう・・・。

簡単に言うと、こんな反応が歯の周りで起こっているのです。

 

詳しくは、>>『矯正の基礎知識を参照してください。