ホワイトワイヤー~気がつかれない矯正~

 

セラミックブラケット&ホワイトワイヤーで目立ない!

 

表側矯正の新しいスタンダード!

 

ホワイトワイヤー矯正笑って歯が見えても、写真のような見え具合。

 

見えるけど、気が付かれにくい! とても目立たない矯正装置です

 

新しく開発されたより審美性の高いセラミックブラケットと、白いホワイトワイヤーを、組み合わせることで、表側矯正なのに目立たない!治療法を実現することが出来ました。

 

表側矯正なのに目立たない!

 

今までは、審美ブラケットを付けても、ワイヤーは金属そのもの!だったので、どうしてもある程度の目立ちは仕方がありませんでした。

 

そうかと言って、裏側矯正にすると、人から見えないのは嬉しいけれど、違和感が大きくて、話すのも、食べるのも、歯磨きも、とにかく大変でした・・・。

表側でも目立たないようにできないものか!?
という声を受けて開発されたのが、『 ホワイトアップ矯正 』です。

 

ホワイトワイヤー矯正今までのものよりも更に審美性を高めたセラミックブラケット

 

見える面を白くコーティングしたホワイトワイヤー

 

矯正装置を歯の表側に付けている以上、見えないわけではありません。

 

ホワイトワイヤー矯正でも、今までの見え方と較べて。。。

 

ホワイトワイヤー矯正ホワイトアップ矯正なら。。。

ブラケットが表側に付いていますから、裏側矯正をした場合と較べても違和感を含めていろんな意味で楽々です。

 

ホワイトアップ矯正における注意

 

見た目にもキレイなセラミックブラケット(InVu)や白いホワイトワイヤーが変色をして黄色くなったりすることはありません。(カレーを食べても大丈夫です!)

しかし、それ以外の矯正材料、例えば、歯を引っ張って動かす特殊なゴム、ブラケットとワイヤーを結んで固定する特殊な樹脂などの製品。

 

これらは、時間の経過などにより水分を吸収して、段々と黄色くなってくることがあります。

そういう時には、ゴムなどを交換して、悪くなった見た目を回復させます。安心して下さい。

 

矯正治療で歯を動かすために、様々な矯正材料やテクニックがあります。

残念ながら、その全てに対応できる審美的な矯正材料が発売されているわけではありません。

 

例えば、歯を押して動かすバネ、弾力性と強靭性を併せ持つベータチタンワイヤーなどです。

とても使いやく良い材料なのですが、今のところまだ白いものはありません。

原則としてこれらの矯正材料は使わずに治して行きます。

 

しかし、「これらを使った方が患者さんにとって得である!」ということが予想される場合は、きちんと説明をした上で、あえて使って治すことをお願いすることもあり得ます。

 

関連ページ

>>『矯正装置』