矯正中の歯磨きについて

 

矯正治療中のプラークコントロール

 

矯正歯科治療中の歯磨きは仕事である!と言っても良いかもしれません。

ブラケットの周囲や歯肉との境目辺り、特に装置の歯肉側は歯垢がとても残りやすい状況に
なっています。歯磨きの時間も、かるく倍ぐらいの時間がかかるようになると思います。

 

矯正装置が全てついた後の予約で、必ずお口のクリーニングと歯磨きのアドバイスのための時間を取るようにしています。

 

矯正治療中も、必要に応じて歯磨きのアドバイスをします。
必要なら時間をとって、歯磨き指導とお口のクリーニングを行うこともあります。

 

ホワイトワイヤー矯正ただ、どんなに頑張って歯磨きをしてもおのずと限界があります。

 

歯列矯正が終了してきれいな歯並びになったら、一度お口全体の大掃除(いわゆる歯石取りを含むクリーニング)をして、中に入りこんで歯磨きだけでは取れない汚れなどをキレイにして、お口の中をスッキリさせます!

 

矯正中の効果的な歯磨き

 

1.できるだけ鏡を見ながら歯ブラシを当てて歯磨きを行い、チェックする。

 

何となく歯磨きをするのではなく、歯垢の付着・残りやすい場所 ( ブラケットの縁周り、や歯と歯の間)、食さの挟まりやすい場所 ( ワイヤーと歯の間 ) という弱点を意識して、歯ブラシを確実に届かせて磨くことが大事です。

( 特に多くの方で、前歯の裏側に付けた装置の歯ぐき側の辺りが磨けていないことが多いように思います。)

歯の裏側矯正装置を付けた見えない矯正の場合、他人からも見えないけれど、自分でも見えません。ある意味、想像を逞しくして磨くしかありません。

 

ちゃんと磨けるのか心配される方も多いでしょうが、大丈夫です。

頑張りは必要ですが、大概の場合でキチンと磨けています。

もちろん、歯磨きの状況を見た上で必要なら随時、歯磨きのアドバイスをさせてもらっています。 

2.毛先が開きだしたら新しい歯ブラシに交換する。

 

細かい所の汚れを取ろうと思ったら、歯ブラシの毛先が届かないと取れません。

歯ブラシの毛先が開いてしまうと、同じように磨いていてもその効率はどんどん落ちています。

矯正装置が付いていますので、歯ブラシの毛先を突っ込むようにして磨いていかないと届きません。

 

そして、突っ込むようにして磨いているので、普通に磨く場合よりも歯ブラシの毛先がとても開きやすいのです。

よく、矯正治療中はどの歯ブラシを使えば良いのですか?

という質問を受けますが、お口の中で動かしやすいブラシのヘッドがコンパクトな歯ブラシであれば、どれでも構いません。

どの歯ブラシを使うかよりも、大事なことは毛先が開いたら新しい歯ブラシに交換する!ということです。

 

3.フッ素入り歯磨き粉やデンタルリンスを併用する。

 

基本的に、歯垢は歯ブラシによる物理的な清掃で除去できます。

しかし、矯正装置などが邪魔だったり、鏡でチェックしても見えにくかったりして、普段のような歯磨きがきちんと出来ないのも現実です。

物理的に確実に落とせなかった汚れに対して、フッ素入り歯磨き粉やデンタルリンスの薬効による化学的な清掃効果を期待する作戦です。

これらの医薬部外品はプラスアルファーの薬用効果であり、それで十分というものでない事は当然です。

 

しかし、確実な歯磨きが出来ない部分がある以上、効果のあることは何でもやろう!という考えに立てば、十分意味があると思います。

 

 

ワンポイント・アドバイス

フッ素入り歯磨き粉やデンタルリンスをより有効に使うために注意することが一つあります。
それは、ウガイ です。

☆ フッ素入り歯磨き粉であれば、使用後にウガイをし過ぎないこと!
☆ デンタルリンスであれば、使用後に水でウガイをしないこと!

医薬部外品の薬効は決して強いものではありません。 

使用後に水でよ~くウガイをして、薬用成分を直ぐに洗い流しては効く暇がありません。 

できれば使用後の30分から1時間ほどはその状態を保ってください。 

気になるなら、その後にあらためて水でよ~くウガイをして下さい。