インプラントのQ&A

 

インプラントでよくある質問

 

インプラント治療のQ&A

 

 

 

インプラントはどの部位でもできるのですか?

 

もちろん、インプラントはどの部位にでも可能です。

但し、インプラントを植えるに足る十分な骨があることが条件です。

いつもいつも十分な骨があるとは限りません。あまりにも骨幅が狭いとか、骨の高さが足りないとか、いうことも時にはあります。

骨量の事前確認には、レントゲン写真による診断はもちろんですが、ボーンサウンディングという簡単な診査や、必要ならCTによる検査が必要なこともあります。

インプラントは最低でも直径が3mm はあり、そのインプラントの周囲に1mm の骨が必要です。

また、長さも8~10mm は必要です。

インプラントを植えたい部位の骨量がそれに満たない場合は、インプラント手術の事前または同時に骨量を増やす手段が必要とされます。

 

 

審美歯科治療で、抜歯をしてそこにインプラントをすることがあると聞きましたが?

 

インプラントは、基本的に歯が無い部位に処置します。

自分の歯を抜いてインプラントを植える、となると、考えられるケースは二つ。

一つは、その歯が虫歯などで既に大きなダメージを受けており、保存が出来ないまたは確実で良好な予後を期待できないという場合ですね。
もう一つは、歯並びが凸凹で、抜歯を含めて治療プランを考慮しても、最終修復(さし歯)の審美性を確保できない場合ですね。

前者のケースは、仕方が無いですね。

後者のケースでは、クイック矯正を考えてもらえれば、わざわざインプラントにしなくても審美歯科治療は可能だと思われます。

時間的にも、費用的にも、さして違いは無いと思います。

 

 

上の歯へのインプラントは難しいと聞きましたが?

 

そのような話をよく耳にしますが、個人的にはそのようなことを意識したことは一切ありません。

かえって、大人の方が 矯正治療に対する意識が高く、協力度も高いことが多いので、スムーズに進むことが多いように思います。

 

 

怖がりなんですけど、インプラント治療できますか?

 

もちろん、できます! 
希望されるならインプラント治療をするときに、弱い精神安定剤を服用してから手術を受けることもできます。

その場合は、安全の為に手術が終わって帰るときに付き添いの方をお願いすることになります。

 

一度受けてみれば、「な~んだ。」というわけで、反対側のインプラント手術の時には寝てしまっている・・という方までおられます。

 

 

インプラントの手術時間はどのぐらいかかるのですか?

 

インプラントを植える正味の時間は、1本につき15分程度です。

それに加えて、お口の中や周りの消毒、麻酔の時間、縫合などの後始末の時間、などなどを合わせると、1回法のインプラントであれば1本植えるのに要する手術時間は1時間程度です。

 

実際のインプラント治療では、手術当日の午前中一杯をインプラント治療の時間として占有します。

 

 

インプラント手術後に何か日常生活のうえで制限はあるのですか?

 

手術当日はできるだけ安静をお願いします。それ以外は特に制限はありません。

10日後を目安に糸取りをしますが、その後は、歯磨きや食事、運動を含めて、普通通りに過ごしていただいて構いません。

ただし、人間の体ですから治癒の具合には個人差があります。

その状況により適切な注意をすることはありえます。

 

 

もっと早く噛めるようにできないのですか?

 

インプラントの手術をして下顎で3ヶ月、上顎なら6ヶ月の間、じっと待っています

この間にどうなっているのか?というと、
植えたインプラントと自分の顎の骨がくっ付くための様々な治癒過程が進んでいるわけです。

多くの研究の結果、この治癒過程を確実なものにするためには、この待っている間にインプラントに噛む力を与えない方が良い!ということが分かってきたのです。(免負荷時間といいます。)

ただ、早く噛みたいというのは自然な人情。

世界中の研究者やドクターの手で多くの研究がなされた結果、十分な骨質を持つ下の前歯の部分で基本原則どおりにインプラントを植えることができた症例につ いては、早期に(当日でもOK)噛めるように処置を進めてもインプラント治療を成功できる!そういう知見が得られるようになりました。
それ以外の部分については、まだまだ研究途上です。上手くいくかもしれないけれど、失敗してもう1回手術をしましょう、ということになる恐れもあります。

 

私たち、さあデンタルクリニックとしては、確実なステップを踏んでより成功率の高い処置法で行いたいと考えています。        

 

 

歯軋りをするのですが、大丈夫ですか?

 

噛み癖というものはあ仕方がありませんが、歯軋りなどを起こすと、女性でも100kg以上、男性だと150kg近い噛む力が発生します。

 

そういう異常な咬合圧は負担が大きすぎるのです。

インプラント治療失敗の原因になりやすいので、

「寝る時に歯軋り用のマウスピースをして寝て下さい。」というお願いをすることになります。