骨を増やす、移植する方法もあります

 

骨が少なくても大丈夫

 

インプラントは支える十分な骨量がないと出来ません。

女性の場合、もともと体が華奢であるため、十分な量の骨が無く、そのままではインプラント治療ができないということは珍しくありません。

そういう時は、インプラントを植えるときに特殊な膜を用いて同時進行で骨を増やしたり、自家骨移植を行いあらかじめ骨量を増やしたりします。

 

骨を同時に増やす作戦

 

 インプラント 骨移植骨誘導再生法

1次手術のときに、ドリリング時の骨の切削片を足りない部位に充填して上から特殊な人工膜で覆い、専用のピンで固定します。

そのまま安静にして、骨結合の治癒期間中を過ごします。必然的にインプラントは2回法です。

2次手術時に、合わせて人工膜を除去します。この段階では、まだ完全な骨ではなく幼弱な骨様の肉芽組織のこともありますが、その後の時間の経過とともに周囲の骨と変わらない骨に変化して行きます。

 

インプラント 骨移植

ソケットリフト

上顎臼歯部のインプラント治療において、骨の幅はあるが深さが足りない場合に行います。

 

 

骨をあらかじめ増やす作戦

 

 

歯間ブラシ

オンレイ・ボーングラフト

全体に骨の深さが足りない場合は、治療予定部位に採取した自家骨のブロックを置き、専用のネジで固定して、骨の深さを確保します。

 

歯磨き粉

ベニア・ボーングラフト

骨の深さはあるが幅が足りない場合は、治療予定部位に採取した自家骨のブロックを置き、専用のネジで固定して、骨の幅を確保します。

 

サイナス・リフト

上顎臼歯部のインプラント治療において、骨の幅はあるが深さが足りない場合に行う。 

上顎洞前壁を若木骨折させた部分から上顎洞粘膜を剥離して空洞を拡がる。そこに採取した自家骨を内部に充填して、骨量を増やすテクニックです。かなり大掛かりな手術になるのが欠点です。