矯正・審美歯科の治療費

さあデンタルクリニックでの支払いには、クレジットカードが使えます。

(*もちろん、お持ちのカード払いによる分割払い可です)

 

また、デンタルローンを組んでの分割払いにも対応できます。

「デンタルローン」とは、車や住宅を購入する際の「車や住宅のローン」と同じように考れば分かりやすいと思います。

 

 

 

矯正歯科費用

矯正の治療費は「基本料金」+「調整料(総額)」+「保定」で成り立っています。

それ以外の追加費用はありません。

 

「基本料」は、どの装置を選ぶのか!? によって決まります。

ブラケット(装置)を歯に付ける時に、お支払いいただきます。

 

「調整料」は、歯の動きにより異なりますので、来院ごとにお支払いいただきます。 但し、 矯正用インプラントを行った場合、他の付加的な矯正装置を併用することになった場合 については別途お支払いいただきます。 (可能性があるときには、事前に必ずご説明します。)

 

「保定」とは動的治療終了後に歯をワイヤーで固定する料金です。

カウンセリング料   1,080円

矯正審美カウンセリング

矯正歯科の検査料   3,240円

矯正の治療費

人気!  ハーフ ホワイトアップ

上の歯:表側に白いブラケット&白い針金 下の歯:表側に白いブラケット&シルバーの針金

矯正治療出っ歯

総額 712,800円(税込み)

一番リーズナブル!なプランです  スタンダードタイプ

上の歯:表側に白いブラケット&シルバーの針金 下の歯:表側に白いブラケット&シルバーの針金

矯正治療出っ歯

総額 626,400円(税込み)

矯正の調節料(片顎1回につき)

表側(ホワイト、スタンダード)
3,240~5,400円(3,000~5,000円+8%)

裏側(リンガル)
3,240~10,800円(3,000~10,000円+8%)

*上の歯と下の歯の調整をした場合は、上の調整料と下の調整料の合計です。

ただし、毎回の調整料の上限は10,800円です。
*毎回の調整料の支払い総額に上限を設けています。
総額で162,000円(150,000円+8%)がその上限です。

 

矯正装置(ブラケット)をつけた後、 歯の動きに応じて調整をします。

歯を引っ張っているゴムを交換したり、 針金を交換するなどです。 調節したその内容に応じて、調節料は変わります。 1回の治療に付きその費用の上限は10,800円です。

調節料の総額には上限を設けています。

ブラケットの表・裏には関係なく、総額で162,000円が上限です。合計でそれを超す分の調節料は要りません。

矯正の治療費の補足 その①

矯正装置の詳細を確認したい方は、

>>「矯正治療はリーズナブルな低予算で治せる!」をクリックしてください。

 

この治療費総額の上限を超す分の追加費用は頂きません。すなわち、この額以内で矯正治療ができます。

矯正装置(他の付加的装置)

1装置につき

クワドヘリックス    54,000円

パラタルバー      5,400円

リンガルバー      10,800円

 

歯の表や裏側に付けるブラケットだけでなく、リンガルアーチ、パラタルバー、ホールディングアーチ、クワド・へリックスなど色々な矯正装置があり、必要に応じて使用します。

もちろん必要性が予想される場合は、事前に説明します。

矯正の保定装置

ワイヤー&スーパーボンド法  24,840円 (調節料に含みます)

 

歯を積極的に動かす動的治療が終わった後に、きれいになった状態を保つためにリテーナーと言われる別の装置を口の中に装着します。

歯の裏側からワイヤーと接着剤で留めたままの固定式のものがワイヤー&スーパーボンド法です。

矯正用インプラント

ISAシステム(1本)   8,640円

 

矯正用インプラントは、治療中に抜けてしまうことがあります。 

その場合、再度インプラントを植え直すことになりますが、この際の治療費は要りません。

矯正の治療費の補足 その②

裏側矯正や白いワイヤー類などは、アメリカから輸入をしています。
(時々、輸入が遅れたり滞ったりして、焦ることがあるのですが・・・)
御存じの通り、この1.2年は円安がどんどん進行してきました。 
だいぶ頑張ってきましたが、この2015年6月から、矯正の基本料金の一部を値上げさせていただくことになりました。

 

裏側矯正リンガルタイプの基本料金を「30万円(税別)」から「33万円(税別)」
白いワイヤーを用いるホワイトタイプの基本料金を「25万円(税別)」から「27万円(税別)」
調整料金の支払い総額の上限15万円(税別)については、従来通りで変更ありません。

 

 審美&ホワイトニング治療費用

審美歯科の治療費について

 

コンポジットレジン充填のように院内で全てが完結する治療であれば、型採りをして、院外へ発注する費用(外注費)が省けるので、治療費を抑えることが出来ます。

しかし、ラミネートべニアやセラミッククラウンのように外部の(腕の良い)技工士さんに製作を依頼しなければいけないものもあります。

 

良いものを提供するには、この外注の費用を惜しむわけにはいきません。

当クリニックでは、東京からも注文を受ける、私が今までに見知っている中でもピカイチの技工士さんに製作をお願いしています。

カウンセリング料   1,080円

矯正審美カウンセリング

模型でのシミュレーション  4,320円~8,640円

矯正治療出っ歯

*シミュレーションする範囲によって変動します。

ホームホワイトニング   22,680円 (一顎)

矯正審美カウンセリング

ラミネートベニア・セラミック  75,600円 (1本)

コンポジットレジン・フィリング

小臼歯(手前の小さい奥歯)  16,200円 (1本)

大臼歯(奥の大きい奥歯)  21,600円 (1本)

矯正審美カウンセリング

セラミック・インレー   43,200円 (1本)

セラミック・クラウン  108,000円 (1本)

矯正治療出っ歯

前歯の場合

オールセラミック・クラウン(前歯)   129,600円 (1本)

ジルコニア・クラウン  64,800円 (1本)

ジルコニア 奥歯 銀歯 白く 安い

奥歯の場合

ファイバーポストの使用  6,480円 (1本)

仮歯  1,080円 (1本につき)

審美治療中の処置料(毎回3,240~5,400円)

 

審美歯科治療が始まり、途中で削ったり、神経を取ったり、仮歯を修正したり、型を採ったり、など審美歯科治療の途中のステップごとに、処置の内容に応じて3,240~6,480円程度の治療費が別にかかります。