インプラントと他の治療法の比較

 

治療法の比較

 

メリット&デメリットを考えて治療法を選びましょう

 

歯がない場合にインプラント治療が絶対にベストである、とは必ずしも言えません。

どのような治療法であっても、メリットもあれば、デメリットもあるものです。
自分にあった治療法を選ぶことが大切です。

 

インプラント

 

メリット

 

噛み合わせの安定を長期間保つことができる。

失った歯の数が多い場合にも咀嚼能力を回復できる。

自分の歯と同じように見える。

自然の歯に近い機能が期待できる。

歯を失った部分の顎の骨がなくなるのを防ぐ。

適切にケアすれば充分長持ちする。

抜け落ちてもやりなおしができる

 

 

デメリット

 

治療時間が長くかかる。(現在、上の歯で6ヵ月、下の歯で3ヵ月ほど要する)

手術を必要とするため適応とならない場合がある。

比較的費用がかかる。

ブラッシングがうまくできない方にはお薦めできない。

メンテナンスが必ず必要である。
(最低半年に1回チェックが必要)

 

 

ブリッジ

 

メリット

 

自然の歯と同じような外観を回復することができる。

自分の歯と同じように咀嚼することができる。

噛み合わせを回復することができる。

歯列の安定したつながりを回復することができる。

 

デメリット

 

土台となるしっかりとした歯が両側にないと作製できない。

失った歯の数が多いと処置できない。

土台となる歯を新たに削る。

土台にした歯に負担がかかり、清掃性が悪くなるので、歯を喪失する危険が増す。

セラッミクを使った自然観の回復は保険の適応を受けることができない。

インプラントより長持ちしない(平均7~8年) ブリッジの支台の歯に問題があるとすべてやりなおしとなる