インプラント治療の流れ

 

インプラント治療の流れ ( 相談から終了まで )

 

① 電話予約

電話予約カウンセリングは院長自ら行います。

必ず事前にご予約ください。

 

最初に必要なカウンセリングは1時間程度ですので、お時間に余裕のある日が良いでしょう。

 

② 診断

まずは、患者さんの健康状態をチェック。

持病などがある場合、内科検診を受けていただくこともあります。

 

インプラント予定部位 の型を採り、ステント(インプラント確認用の目印)を作り、院内でレントゲン写 真を撮影します。

 

診断の段階でも必要な場合はCT写真を撮影し、インプラントに耐えうる十分な骨量 があるかどうかを確認します。

 

資料やカウンセリングの結果を基に、手術の可否、移植の有無、手術方法を判断し、手術に臨みます。

 

③ 治術前手術

*行わない場合もあります

まずは歯周病の治療から。

平行してインプラントを植える部位 の骨量が足りない場合は、骨を増やす手術を行います

 

治療前手術術後3~6ヶ月間ほどの間を空けて、増やした骨が元の骨と確実に同化するのを待ちます。

 

治療期間は状態によってさまざまです。

インプラント手術前には必要に応じてCT写 真やレントゲン写真を撮影して、骨量が増えたことを確認します。

 

④ 手術

インプラント手術を行います。

 

1回法の場合、手術はこの1回のみです。

 

2回法の場合、最初の1次手術でインプラントを植え、数ヵ月後の2次手術で歯肉を貫通 させる部品(蓋)に交換して、あらためて歯肉が治るのを待ちます。

 

数ヵ月後、インプラントとあなたの骨がしっかりとくっ付いて、骨結合(オッセオ・インテグレーション)を生じていることを確認します。

 

上の歯では6ヶ月間、下の歯では3ヶ月間待ちます。

 

⑤ 治上部構造

*差し歯の製作

まず1日目、今までインプラントに付いていた蓋を外して周囲をよく消毒します。

 

選んだインプラント専用の特殊な柱(アバットメント)を立てて型を採り、噛み合わせを採り、前歯などでは必要に応じて仮歯を作ります。

 

1週間後、できあがった差し歯をセットします。

状況によっては柱をオーダーメイドすることもあるので、通 院回数が増える場合もあります。

 

 

⑥ メンテナンス

治療後は6ヶ月に1度の定期健診が必要です。

 

メンテナンス歯周環境の状態や、歯磨きの状態によっては、3ヶ月などのより短い間隔で健診を行うこともあります。

 

歯肉の厚みが厚い場合、審美性を優先して植えた場合、骨の状況が完全では無かったがちょっと無理をして植えた場合、などなどで、ちょっと磨きにくい並びになったり、ポケットがやや深めに残ることもあります。

 

長持ちさせるためにもメンテナンスは必須です。