オールセラミック・クラウン

 

より自然な笑顔に近づけたい!

 

オールセラミック治療の術後の笑顔

 

患者様がそのように願うとき、金属を使わずにセラミックだけで仕上げたい!という希望は以前から多いものでした。

 

しかし、前歯の審美治療においてなかなか納得できるものが無く採用してきませんでした。

*従来のオールセラミックは仮付けができなかったため、1発勝負のリスクがありました。

 

しかし、このほどジルコニアと専用のセラミックを用いることにより、従来の仮付けができないという問題を解決することが出来ました。

 

仮付けして様子をみて色・形などの見た目に違和感があれば取り外して修正ができるようになったのです。

 

 

原型ジルコニア

まず、ジルコニアで裏打ちとなるフレームを作ります。*従来はこの部分を金属でつくっていました

 

オールセラミッククラウン完成

そのフレームの上にセラミックを盛り上げて形を整えて焼き上げて、オールセラミッククラウンを完成させます。

 

オールセラミックになると、良いこともいろいろあります。

 

例えば、金属を一切使いませんので、金属アレルギーの心配がありません。

 

しかも、光の透過性があるので、白く明るい歯の色をより再現しやすくなりました。

 

また、歯肉の色が黒くなるなどのリスクが「ゼロ」であるのも嬉しいことでしょう。

 

 

ただ、ステップが複雑になり材料などの費用もかさみますので、治療費が高くなってしまうことが欠点でしょうか。

 

 

【従来のセラミッククラウンとの比較】

 

金属を使わないことにより、従来法にあった金属アレルギーや歯肉の色が黒くなるなどのリスクが全く無くなったことは、とても大きなメリットでしょう。

 

( ⇔ 従来法では、貴金属など安定性の高い金属を用いることにより、そのリスクを最小限に抑えています。)

 

光の透過性があることにより、白く明るい歯の色を再現しやすくなったということは事実です。しかし、見た目については、オールセラミックも従来法も何ら変わらず自然な感じを再現でき、どちらで作っても納得の行く仕上がりになることは間違いありません。

 

 

オールセラミック・クラウンの治療例

上の前歯をもっと白くて小さい歯にしたい!

 

通院回数

治療費

*ホワイトニングをあらかじめ行い、21600円かかっています。

オールセラミックの治療例