歯がないところにも白いキレイな歯を

 

歯が無い所も白い歯にしたい

 

歯が部分的に無い場合、「歯を削って良い」なのか、「歯を削ってはダメ」なのか?「両隣が天然歯」なのか、「両隣が治療済みの歯」なのか?「前歯」なのか、「奥歯」なのか?によって、考え方が異なってきます。

 

自分の歯を削らないで白い歯にしたい

 

両隣の歯が天然歯で虫歯の治療の跡も無く削られたことの無い歯である場合があります。

自分の歯を削りたくないとなれば、選択肢として上がってくるのはインプラント治療のみです。

 

>> インプラント治療を見る 

 

 

自分の歯を削っても良いので白い歯にしたい

 

両隣の歯を削っても良いならば、基本的にセラミックを用いたブリッジという従来の治療法が使えます。

特に両隣が古いさし歯などで、既に削られたことのある歯であれば尚のことです。

 

>> 従来のセラミックブリッジを見る

 

 

問題があるとすれば、さし歯ではなく銀歯が入っている場合です。

 

奥歯では銀歯のように部分的に削ってセラミックにして、それをブリッジの支えとして使うことが強度の面で不安があり、推奨できないのです。 

 

ところが、前歯であれば部分的に削って、ジルコニアという特殊なセラミックで見える所も含めて全てを白い歯に出来るのです。

 

>> ジルコニアの接着性ブリッジを見る