審美のQ&A

 

審美治療でよくある質問

 

セラミック治療のQ&A

 

 

コンポジットレジン治療のQ&A

 

 

クイック矯正のQ&A

 

 

 

 

セラミックで治療した歯の色が変わったりしないのですか?

 

もちろん見た目は変わることなく、最初の審美性を維持していきます。

セラミックは化学的にとても安定している材料です。最初のきれいな歯の色を維持できるからこそ、審美歯科治療に用いられているのです。

 

セラミックで治療した歯の根元の歯肉が黒くなったりしませんか?

 

審美歯科治療で被せた後に、その辺縁の歯肉が黒くなる原因は金属ですが、二つの原因が考えられます。

 

一つは、被せたさし歯に化学的に不安定な卑金属を使用していると、時間の経過に伴い、金属イオンが溶け出してきて、歯肉が黒くなってしまう場合です。

もう一つ、さし歯になる場合、その歯の神経を取って金属で土台を立てていることが多いです。さし歯を作るためにその金属の土台を削る時に、削りカスの金属が歯肉の中に迷入してしまい、歯肉が黒くなってしまう場合です。

 

どちらの場合も、金属の侵入が歯肉表面の浅いものであれば、メラニン色素の除去と同様に可能です。しかし、歯肉の深くにまで入り込んでいると、同部の歯肉を切除しないと金属の黒ずみは取れません。  そうなると、歯肉が変に下がってしまい、審美的に不良となってしまいます。

 

セラミッククラウンでは、さし歯の裏側も白くできるのですか?

 

もちろん、オールセラミッククラウンで治療すれば白くなるのは当然ですね。

通常のセラミッククラウンの場合は、製作法により金属の見え方が変わってきます。

 

裏側の下1/3を金属が表に出る作り方が一般的ですが、着脱用のノブしか金属が見え無いように作ることも可能です。(直径1mmもないぐらいの小さい点状に見えるだけです。)その辺りは、クリニックによって仕方が異なります。

従って、希望すればどんな場合でも裏側も白くできると言って良いでしょう。

 

【通常の保険治療の前歯の白い歯】

保険適用

 

【さあデンタルクリニックのセラミッククラウン】

セラミッククラウン

 

オールセラミックの方が良いって本当ですか?

 

金属を使わない(メタルフリー)という考え方からすれば、そうかもしれません。

しかし、化学的に安定性の高い貴金属を使用していけば、特に差は無いと思います。

見え方に関しても、オールセラミックの方が光を透過してより自然に見えるということになっていますが、経験的には特に差を認めません。通常のセラミッククラウンで十分に自然な感じできれいに仕上げることが出来ます。オールセラミックだから、通常のセラミッククラウンよりもきれいに出来るというものではありません。

 

違うのは内部の補強の仕方についてです。通常のセラミッククラウンでは金属でも何でもOKです。しかし、オールセラミッククラウンでは光の透過性を活かすために、内部の補強に金属を使う訳には行きません。ファイバーポストという特殊な補強を用います。また、ジルコニアという非常に硬い特殊なセラミックをCAD/CAMで削りだし用いるため、費用的にはやや高くつくことになります。

 

ラミネートベニアで歯を小さく出来ますか?

 

審美歯科治療をされる方には、前歯を今よりも小さくしたい!と願う人が結構多いようです。

しかし、残念ですが、ラミネートベニアでは歯を小さくすることはできませんん。

 

今の歯の表面にくっ付けるわけですので、同じ大きさで色を変える、とか、小さすぎるとか形態がおかしいので歯を大きくすることは可能です。

 

もしも歯を小さくするならば、歯を更に丸々削ってセラミッククラウンにしないといけません。

 

歯のひどい変色は、ラミネートベニアで絶対に白い歯に出来ますか?

 

ラミネートベニアでは、セラミックを用いることで歯の色を変えることが出来ます。

しかし、ラミネートベニアの厚みは0.5mm 程度しかありませんので、限界があります。ある程度はラミネートの下にある元の歯の色を拾い、色にも若干の影響が出るのです。

 

そこで、変色が強い場合は、マスキング用の陶材を用いて元の歯の色を遮断するようにします。しかし、このマスキングが厚くなるほどラミネートベニアとしての歯の透明感が失われてきます。

透明感の無い白い歯になってしまうのです。ですから、変色が激しい場合はセラミッククラウンが適応症となります。

 

コンポジットレジンは安いのは良いけれど、ちゃんときれいな白い歯になるのですか?

 

当然です。白いだけでは審美歯科とは言えません。他と違和感の無い自然な感じであることは、とても大事なポイントです。

 

下の治療例は1枚目の写真は某歯科にてハイブリッドセラミックインレーにて、白く修復された状態です。

 

患者さんは、白くなったけど、その本当の歯らしくない不自然な感じに違和感を覚えておられました。

 

そこで、あらためてコンポジットレジン充填で審美歯科治療をし直すことにされました。2枚目の写真は、コンポジットレジン充填が済んだお口です。

 

コンポジットレジン

 

上の2枚の審美歯科治療後の写真の奥歯を比較して、どうでしょうか?
治療前と治療後のどちらの奥歯がより自然な感じですか?

 

コンポジットレジン審美歯科治療した後の歯の方が、より自然でナチュラルな感じに仕上がっていることが分かると思います。

 

コンポジットレジンで、どんな銀歯でも白い歯にできるのですか?

 

コンポジットレジン充填は歯に優しい、リーズナブルな、とても良い治療法であると思うのですが、限界があります。

 

何でもかんでもコンポジットレジンで治すという訳には行きません。審美材料として、強度の面で限界があります。

 

銀歯の部分が大きくなり残った歯質が減ってくると、ハイブリッドセラミックインレーやセラミッククラウンなどによる審美治療の適応症となります。

 

コンポジットレジンは簡単に割れたり変色したりしませんか?

 

物事に絶対はありませんが、適応症さえ間違えなければ、まず割れることはありません。

 

私の個人的な経験で言うならば、本来ならハイブリッドセラミックインレーの適応症だけれど、範囲も小さいし、一度だけコンポジットレジン充填でやってみようと無理やり試みてみた治療例で割れたことがあるだけです。

 

また、変色についても、審美歯科治療にコンポジットレジン充填治療を取り入れて5年以上が経過していますが、変色がひどいからやり直したい、という希望の患者さんはまだ一人もおられません。万が一やり直す事態になっても、他の治療法と比べて費用的にとても安いですから、あまりご負担をかけることなくすることが出来ると思います。

 

クイック矯正の治療に要するトータルの治療期間はどのぐらいですか?

 

クイック矯正(審美歯科治療)において、抜歯が必要ないケースでは、早ければ2ヶ月ぐらいでしょう。抜歯が必要なケースでは、4ヶ月ぐらいでしょう。

矯正治療のコラボレーションが必要なケースでは、3~6ヶ月でしょう。

 

通常は、審美歯科治療の初期の段階で仮歯に変わりますので、その時点で歯並びはキレイになっています。

 

治療期間を左右するステップは、仮歯の修正を行う段階です。このステップが1回で終わる人もいれば、3回、4回と繰り返してイメージを固める人もおられます。

 

抜歯を伴う場合は、抜歯した後の傷口が固まるのに2~3ヶ月かかりますので、この間に仮歯の修正を同時進行で済ませておきます。

 

矯正治療を伴う場合は、矯正治療自体に1~4ヶ月はかかります。(目指す仮のゴールにより様々です)

 

参考までに記すと、型採りをしてセラミック・クラウンが完成するのには、途中のチェック経て3~4週間かかります。

 

右上の1本だけ気になるのに、「左右の2本を削る」と言われました。ナゼですか?

 

見た目をより審美的にするために、歯の大きさや形、並びを左右対称にしてバランスを整えるためです。

 

歯が捩れてるという事は、その歯の部分は歯の並ぶスペースが狭くなっています。この状態で、もし右上の歯だけを削ってセラミック・クラウンをセットすると、左上と較べて歯の幅の狭いさし歯ができて、左右対称ではなくなります。

そうすると見た目的にちょっとおかしなことになってしまいます。そこで、左上の歯も削って、左右で歯の大きさや形を揃えます。そうすると、左右対称になりバランスが取れるようになります。

 

更に言うと、もしかしたら状況によっては、捩れた歯を抜歯して、前歯4本分の範囲を処置してクイック矯正をした方が・・・、ということだってあるかもしれません。

削りすぎるのはもったいないし、削り足らなくて治療の結果に満足できないというのも困ります。

 

カウンセリングの段階で、よく説明を聞いて、確認されることが大事です。

 

一緒に歯も白くしたいのですが、出来ますか?

 

もちろん出来ます。ただし、クイック矯正(審美歯科)で扱った歯だけを白くしても綺麗にはなりません。

 

その歯だけ白かったら、お口全体の中で浮き上がってしまい、見た目的にとても不自然になってしまいます。

 

歯を白くしたいのであれば、ホームホワイトニングなどで笑ったり、話したりして見える範囲の歯を全て白くしておくことが大事です。

そして、その白さから連続するようにして自然な感じで白い歯になるようにします。