定期健診について

 

年に1度の定期健診が、あなたのキレイを守ります

 

歯石取りをすると、バイキンが1/100以下に減って清潔になります

 

毎日している歯磨きだけでお口の中の歯垢を常に100%完全に除去することは不可能です。

自分では磨けていると思っていても、歯を抜いて磨いて元に戻すわけではありませんから、どこかしら磨けてない所が残るのは当然です。

 

その磨けいてなくて溜まったままになっていた汚れを専門的に除去クリーニングしてもらい、whereどこが弱点で、howどうやって歯磨きしたら良いのか、を教えてもらう。それが「定期健診」です。

定期健診を受けることで、磨けていなかった所を汚れたままにしないで済み、その弱点をケアする方法も教わることができるのです。知らない方も多いのですが、歯石自体は特別な毒を持っていません。

ところが、歯石や歯垢が歯に付くと、それがバイキンの温床になってしまうのです。

 

歯石や歯垢を超音波などを用いて取ることで、バイキンの住処を減らすこと…

これもプラークコントロールなのです。
歯石取りをすると、お口の中の細菌が1/100~1/1000にまで減少することがわかっています。

 

せっかく美しく生まれ変わった歯と口もとを維持するために当院では定期健診をお薦めしています。

女性の美しさは輝く笑顔から。お気軽にご来院ください。

 

原則として1年に1度で十分です

 

一度歯石取りを受けてお口の中の細菌を減らしても、10週間、約3ヶ月すると細菌の数が元の数量に戻ることが分かっています。

 

一定レベルの歯磨きをキープしていれば、最初と較べて悪玉菌が減り善玉菌が増えてバランスを新しく保つようになっているので、1年に1度の健診で十分なのです。

 

しかし、リスクの高い方では、3ヶ月から半年に1回の歯周処置を受けることを勧めることもあります。

例えば、歯磨きが苦手でまだまだ上手くできない方、ポケットが深く悪玉菌の増えやすい場所が多く残っている方、インプラント治療を受けた方もそうですね。