ホワイトニングのやり方

 

ホームホワイトニングが安全でアメリカでも主流です

 

7.8年前までは、ホワイトニングと言えば歯科医院でするオフィスホワイトニングしか日本国内にはありませんでした。

 

処置回数は3,4回と少ないのですが、わざわざ歯科医院へ通院して1回の所要時間が1時間、
と結構面倒。

しかも、ホワイトニング効果が長続きしないし(下手をすると半年で色が戻ってしまったり)、
刺激の強いお薬を用いるので歯肉に触れたら痛いし・・・、というものでした。

その後、日本国内でも自宅で行うホームホワイトニングが手に入るようになり、ホワイトニング
事情は一変しました。

 

アメリカと同じで、ホワイトニングと言えば『ホームホワイトニング』です。

現在、さあデンタルクリニックでは、オフィスホワイトニングをほとんど行っていません。

 

ホームホワイトニング

 

ホワイトニング歯科医院にてあなたのお口の型を採り、専用のマウスピースを作ります。

 

ホワイトニング過酸化尿素の濃度が10%のお薬を2本準備します。

 

ホワイトニング当日は、歯科医院で歯の表面のぺリクルと言われる歯垢などを主成分とした皮膜を取ります。ホームホワイトニングの注意事項をご説明します。

 

ホワイトニング自宅では、歯磨き粉を付けて歯磨きをした後に使用します。

専用マウスピースの歯の表側に相当する部分だけにホワイトニングの薬剤を入れてください。

最初は20%の物から使用して、無くなったら、10%の物を使用します。

 

ホワイトニング1日1回、連続して4時間以上お口の中に装着します。1週間ぐらいで効果が出始めます。2~3週間、自宅で繰り返してください。

 

ホワイトニングホームホワイトニングの薬剤を全て使い終わったらもう一度、歯科医院に来てもらい、歯の表面をフッ素をたくさん含んだ専用のペーストで磨きます。