ホワイトニングのQ&A

 

ホワイトニングでよくある質問

 

ホワイトニングのQ&A

 

 

 

 

ホワイトニングをすると、どのぐらい白い歯になるのですか?

 

ホワイトニング のメカニズムの項でも記しましたが、歯の色は色相を超えて変化することはありません。

ホワイトニングの効果で歯の色が明るくなっていく時、元の歯の色によって白くなった♪ と分かりやすい変化を示す歯もあります。

一方、ホワイトニングにより明るくなったことは分かるけれど、白くなった!? という変化を示す歯もあるのです。

 

ホワイトニングをすると、知覚過敏になるという話を聞いたけど?

 

ホームホワイトニング をしていると、知覚過敏を起こすことがあります。

ホワイトニング中よりも、ホワイトニングして暫くしてから・・・ということが多いようです。

 

これは、ホワイトニングの薬剤が歯質の中の有機質を分解していることが原因ではないかと考えられています。

ちょっと凍みることがあったけれど全然大丈夫! という非常に軽いものから、凄く凍みたので数日に一度しかホワイトニングを出来なかった! という人までその症状の程度は様々です。

実際問題として、大多数の方は特に問題が生じることなくホワイトニングを終了して、満足の行く白い歯になっています。

 

ホームホワイトニングに伴う知覚過敏をどうにかできないか?
ということで色々と対策が検討されました。

 

一番効果的な方法として、ホームホワイトニングをする2週間以上前から知覚過敏用の歯磨き粉を使ってしっかり歯磨きを継続する、という方法が推薦されています。

 

合わせて、ホームホワイトニング中もその歯磨きを継続する方が、知覚過敏を起こすリスクは少ないと考えられています。

アメリカでは、知覚過敏予防の硝酸カリウムを含んだホームホワイトニング剤も売られています。
(個人輸入の診可能)

 

ホワイトニングで一度白い歯になったら永久に白いのですか?

 

ホワイトニング において、『 白さの後戻り 』という現象は避けて通れません。

なぜ歯が白くなるのか? という根本的なところに不明な点もあるので、なぜ後戻りするのかについてもよく分かっていません。

一般的に、オフィスホワイトニングの場合、早ければ半年で後戻りが見られます。

ホームホワイトニング の場合、1~2年で後戻りが見られてきます。

 

しかし、戻っても完全に元の黄色い歯に戻るということは少ないように思われます。

 

ホワイトニングを毎日した方が良いの?

 

もちろんです。  

 

上の質問でも答えたように、ホワイトニングに後戻りは大なり小なりつき物です。

 

「 2,3日ホワイトニングをして、1週間休んで、また2,3日する・・・」、などということをしてしまっては、一度ぐっと白くなった歯が少し戻りそれからまた白くなり、そしてまた戻り・・・となり、本来到達できた白さに届かない恐れがあります。

できるだけ白い歯になるためには、毎日、連続して使用してください。

 

ホワイトニング中は、食事でも注意が要るって聞いたけど?

 

できるだけ ホームホワイトニング の効果を上げる為に、ホワイトニング中は禁煙を含めて着色しやすそうな飲食物はできるだけ控えて下さい。

例えば、カレー、コーラ、コーヒー、赤ワインなどです。

ホワイトニングが終了した後も、できれば1~2週間は着色しやすそうな飲食物は控えた方が望ましいと思われます。

 

ホワイトニングしたら、歯の表面に縞模様ができたのですが?

 

その縞模様は歯ができる石灰化の過程でできたもので、もともと歯にあった模様なのです。

人により分からないぐらい薄かったり、はっきり分かるぐらい濃かったりします。

 

ホワイトニング

ホワイトニングすることで縞模様の部分も白くなったのだけれど、それ以外の元々白い部分がもっと白くなり、結果として歯の縞模様がちょっと目立ってくるのです。

 

それでも、全体に白くなったから良い!という人もいるし、これ以上目立っては嫌だ!という人も出てきます。

経験的には、縞模様が目立ってきても、歯の色が全体に白くなってくれたほうが良い! という人が多い気がします。