予防歯科

 

キレイになった歯をずっと守りたい!

一度きれいにしたら、その美しさをキープしませんか!?

 

「この前治した歯が虫歯になった・・・」「最近、歯磨きをすると血が出る・・・」

皆さんもよく耳にすることがあると思います。

予防歯科

矯正治療や審美治療、インプラント治療によって美しさを獲得した陰には、歯を抜いたり、削ったりなどなど、時間とお金を掛けて嫌なことも経験してきたはずです。

 

嫌な思いは一度で十分ではないでしょうか?

 

一度きれいにしたら、その美しさをキープしませんか!?

そのためには、『予防』がとても大事になってきます。

 

何より大切なのは、プラークコントロール

通常口の中には、沢山の細菌が住んでいます。

善玉菌と悪玉菌がバランスをたもって口内環境を維持しているのです。

ところが、毎日の歯磨きが行き届かず磨き残しがあると、歯垢が溜まり細菌が繁殖。優勢の悪玉菌が増え過ぎて毒素を排出し、虫歯や歯周病へと繋がって行きます。

また細菌が活動することで口内に残った食べかすなどが発酵し、口臭を引き起こすのです。

 

プラークコントロール

このようにお口の中の疾患は、細菌感染症であると考えられています。しかも、元々お口の中に住んでいる細菌によってです。(決して外部から悪い細菌がやってきて感染して、お口の中で悪さを起こすのではないのです。)

 

だからこそ、大切なのはプラークコントロール。悪玉菌も善玉菌も、口腔内常在菌です。両方がお口の中でバランスを保ち、あなたのお口の健康を守っています。

 

悪玉だから消毒して退治してしまえ・・ということではないのです。お口の中の細菌全体の数量を適正に保ち、善玉と悪玉のバランスが取れた状態を保つことが大事です!

 

歯科医の役割は歯を治療することですが、虫歯になったら治す、を繰り返していてはいたちごっこです。本当に大切なのは、虫歯や歯周病にならない環境作りをお手伝いすることだと考えています。

唾液が大事って、知ってました ?

虫歯、歯周病、口臭、どの予防を考える上でもとても大事なもの、それが「唾液」なんです。

 

唾液には、潤滑作用を受け持つ水分、抗菌作用を持つ各種の酵素、若返りホルモンとも呼ばれるパロチン、ペーハー(pH)緩衝作用&再石灰化のためのカルシウムイオンや、アパタイトをはじめとして多くの有効成分が含まれています。これらの作用により、唾液はお口の健康を保つ上で大きな役割を果たしているのです。

 

唾液の分泌量が減少すると、お口の中は乾燥してしまいます。結果として、細菌の繁殖による炎症や擦れて痛みを起こしたりしやすくなります(ドライマウスと言われる病態です。)

この状態が続くと、虫歯や歯周病になりやすくなり、口臭が強くなったり、味覚障害を引き起こすことさえあります。

 

この唾液の分泌を増やすには、よく噛んで食べること、十分な水分補給(1日1.5L)をすること、が有効です。

 

予防歯科の基本

  • 虫歯予防定期健診
  • 歯周病予防
  • 歯磨きの基本予防歯科 基礎知識