前歯・奥歯どんな歯にも適応するセラミック

 

どんな歯も自由自在に美しく

 

ラミネートクラウン

 

セラミッククラウンは白く、小さく、美しく、あなたの希望をほぼ全て叶えます。

 

セラミック クラウンの特徴

 

セラミック クラウンの一番の特徴は、前歯、奥歯に関わらず気になる歯の色・形・向きなどをほぼ自由に操作することが出来ます。

 

今よりも小さい歯にしたい!という希望をお持ちの方が結構多いのですが、それも可能です。

もちろん、歯の色や艶といった大事な見た目は、時間が経過しても最初と較べて損なわれることはありません。

 

その代わりと言ってはなんですが、歯を削る量が多いということが一大欠点でしょう。

神経の活きている歯であれば、その神経を取らなければいけないこともありえます。(歯を取る、ではないですよ)

 

術者側の問題ではありますが、製作の際の操作がとても難しく、熟練するのには時間がかかります。ハッキリ言って、作る人を選びます。

 

セラミック クラウンの構造的には、裏打ちに金属を使用することが一般的ですが、金属を使わないオールセラミックで対応することも可能です。

 

裏打ちとして金属を使う場合でも、補強材という意味合いであり、見た目に触れる部分は全てセラミックでカバーされています。

金属は、クラウンの裏側の根元に小さい点状にあるだけで、たとえ見えても分からないはずです。

 

 

セラミック クラウンの審美歯科治療の流れ
セラミッククラウン

1.古い差し歯が入っていたり、色・形などのおかしい歯があります。

 

セラミッククラウン

2.その歯をぐるりと1周、全体に大きく削ります。斜線部分が削除する所で、その削除量は、1.5mm~2mm強 といったところでしょう。

 

セラミッククラウン

3.削った後が支台歯と言われる状態で、最初と較べるととても小さい歯になっています。この状態で、型採りをします。

 

セラミッククラウン

4.適合しているか?、歯の色は?、噛み合わせは?お口の中で確認します。

 

セラミッククラウン

5.完成したセラミッククラウンをお口の中に仮付けして、噛み合わせや見た目などの様子をみます。OK!が出れば、磨き直して、本付けになります

 

関連ページ

>>『銀歯を白くしたい!』

>>『さし歯を白くしたい!』

>>『歯並びを治したい!』

>>『歯が無い所も白い歯にしたい!』