開口 歯列矯正治療の流れ

 

開口がキレイな歯並びになるまでの12ヵ月を公開

 

矯正治療が始まって、いよいよブラケットが歯に付きます。

そして、ワイヤーの交換があったり、ゴムやバネの交換があったり、色々な調整があります。

十人十色の調整ステップがあるといって良いでしょう。

 

そんな中、どうやって歯がスムーズに動いて短期間で矯正治療が進むのか!?実際の患者さんの協力で、彼女の歯並びが良くなり綺麗になって行く様子を、治療の内容の説明と合わせて、経過を説明しましょう。

 

初診 「前歯がデコボコでしかも噛めないのを治したい!」 S.Nさん

ものが噛めない 矯正

 

1ヵ月後 上下とも抜歯して、歯の表側に審美ブラケットを付けて治療を開始しました。

そして、上下とも形状記憶合金などを使って、前歯の凸凹を治しています。

ものが噛めない 矯正

 

3ヵ月後 犬歯を奥へ動かして前歯の凸凹を解消する隙間を作っています。

並行して、上下の歯並びの間に顎間ゴムというものを装着してもらい、前歯の開口を治すステップを進めています。

ものが噛めない 矯正

 

4ヵ月後 十分な隙間ができたので、上下とも形状記憶合金に換えました。

でこぼこをなおしていきます。

ものが噛めない 矯正

 

6ヵ月後 前歯の凸凹は解消されたので、残る隙間をゴムで引っ張って無くしています。

ものが噛めない 矯正

 

12ヵ月後 矯正終了 治療期間12ヵ月間 治療費用総額 51万円

上下の歯肉が黒いのをメラニン色素を除去してピンク色の歯肉に戻しています。また、上下ともホワイトニング済みです。

ものが噛めない 矯正

 

同じ歯並びに見えても、同じように力を加えたり、歯が動いたり、する訳ではありません。

この症例での動かし方は、治し方の一例です。 同じ状況に見えて、今回と異なる治し方をすることもあります。

 

ただ、本当に短期間でも矯正治療は終わるんだよ!ということを分かってもらえたら、と思います。