受け口 歯列矯正治療の流れ

 

受け口の歯並びがキレイになるまでの15ヵ月を公開

 

矯正治療が始まって、いよいよブラケットが歯に付きます。

そして、ワイヤーの交換があったり、ゴムやバネの交換があったり、色々な調整があります。

十人十色の調整ステップがあるといって良いでしょう。

 

そんな中、どうやって歯がスムーズに動いて短期間で矯正治療が進むのか!? 実際の患者さんの協力で、彼女の歯並びが良くなり綺麗になって行く様子を、治療の内容の説明と合わせて、経過を説明しましょう。

 

初診 「前歯が反対に噛んでいるのを綺麗にしたい!」 M.Cさん

受け口 矯正

 

2ヵ月後 抜歯を済ませ、上の歯の裏側&下の歯の表側のハーフリンガルで治療を開始

上下とも犬歯を奥(抜歯してできた隙間)へ動かしています。(下の隙間は、人工歯を接着して隙間を小さくして、見た目の修正をしています)

受け口 矯正

 

4ヶ月後 上下の形状記憶合金のワイヤーに交換しました

受け口 矯正

 

5ヶ月後 上下の前歯を奥へ引っ込めます

受け口 矯正

 

8.ヵ月後 もう少し残っている隙間を閉鎖しています

受け口 矯正

 

10ヵ月後 治療の過程で生じた歪みなどを補正しています

受け口 矯正

 

15ヵ月後 矯正終了 治療期間15カ月間 治療費用総額約62万円

でこぼこ 矯正

 

同じ歯並びに見えても、同じように力を加えたり、歯が動いたり、する訳ではありません。

この症例での動かし方は、治し方の一例です。

同じ状況に見えて、今回と異なる治し方をすることもあります。

 

ただ、本当に短期間でも矯正治療は終わるんだ!ということを分かってもらえたら、と思います。