医療費控除について

 

気になる医療費控除

 

どこまでが対象?? 気になる医療費控除の中身

 

医療費控除って何?

 

医療費控除とは払いすぎた所得税を取り戻す制度です。

家族全員の医療費の1年間(1月1日から12月31日まで)の合計が10万円を超えた場合に申告できます。

 

また所得が200万円未満の場合には、医療費が所得の5%を超えたならば申告可能です。

たとえば所得が170万円の場合は、医療費が8万5000円を超えたら申告できます。

 

保険治療以外でも控除の対象に

 

この場合でいう医療費とは「医師・歯科医師の病気に対する診療行為に伴う費用である」のこと。通常の保険治療はもちろん該当します。

 

保険治療外だと社会通念上治療が必要である、とみなされる場合にのみ、医療費控除の対象となります。

 

控除の対象となるもの

 

歯科の場合、失われた噛む機能を回復するインプラントや高品位義歯 学童の咬合育成を目的とした矯正治療医師の指示のもとに購入した薬や医療機具など
※ローンを組んだ場合も対象となります

 

控除の対象となる可能性があるもの

 

自分で風邪や花粉症を治すために薬局で購入した薬

 

控除の対象とならないもの

 

審美的な回復を目的としたセラミックなどによる修復処置や矯正治療 通院するための交通費