Fly me to the moon

皆さん、いろんな音楽を聴かれていると思います。
特に、you tube では、一つの曲でも様々なバージョンを簡単に知ることができて、「お~!」と思うことも多々あります。 そんな中で、最近のお気に入りを紹介します。

『Fly me to the moon』という曲をご存知ですか。

<1954年に、作曲家・作詞家のバート・ハワード(Bart Howard、1915年7月1日 – 2004年2月21日)によって作られました。 この時の曲のタイトルは “In Other Words”(「言い換えると」の意味)であり、曲調も3拍子で、現在多く採用されているアレンジとは装いをかなり異にしていたそうです。
現在多く耳にする『Fly Me to the Moon』が完成するのは、1962年の事で、作曲家・編曲家のジョー・ハーネル (Joe Harnell) が4拍子のボサノヴァ風に書き直した曲が、現在よく知られているアレンジの一つだそうです。
その後、フランク・シナトラがカバーして爆発的なヒットになり、ヴォーカルナンバー以外でもインストナンバーとしても知られている。>

・・・ウィキペディアから抜粋・・・

では、本家本元のフランク・シナトラの歌を。。。

最近、国内であらためて知られるきっかけになったのが、エヴァンゲリオンのエンディングテーマでした。。。

歌詞を最初のセリフから歌っているのが、ナットキング・コールです。。。

大人の女性!というのがジュリー・ロンドンです。。。

7歳の幼い少女が歌っていて、凄い!と世界中で噂を呼んだのが。。。

jazzバージョンで良いと思うのが。。。

インストルメンタルで、良いなぁ!と思うものも紹介しましょう。

ギターソロで、田中佳憲さんの演奏です。。。

実は、クラッシクギターを独学でかじっているのですが、このTAB譜で弾けるようになることが夢です。 遠いなぁ~

ハーモニカで、徳永延生さんの演奏です。。。

どうでしょう!?
皆さんのお耳に合うものがあると良いのですが。。。

タグクラウド

ローン

menu