矯正・審美の治療費が低価格な理由

矯正や審美の治療を希望する方が直面する共通の問題として、その高すぎる治療費があります。
では、従来の高すぎる治療費をもっと低価格にするには、どうしたら良いでしょうか?
ここからお話ししましょう。

まず大事なことは、矯正や審美の治療に直接かかわる機器や材料、技工など肝心な部分は治療の出来に関わりますので、削る訳にはいかない!ということです。
それで、低価格にしても成り立つように、無駄な(?)出費を抑えることを考えました。
矯正・審美の治療費をどうやって低価格にしたのか、解説します。
会計として見た場合、
借入金を含むいわゆる経費(家賃や人件費も)が高ければ高いほど、より高い治療費をいただかなくてはなりません。
そして、取り分ともいうべき利益を高く取れば取るほど、やっぱり、より高い治療費をいただかなくてはなりません。

そこで、開業当初、元の勤務先から診療機器をいただいたり、内装を施工業者さんに直接依頼したりして、借入金の額を抑えました。(某シティー銀行をして、「こんなに安く上げた人は初めて!」と言わせました)
さらに、開業地も博多駅の近くとはいえ、古いビルにクリニックを設けて、家賃を抑えました。
スタッフも二人だけにして少人数で頑張り、人件費も抑えるようにしました。
そして、クリニックを続けていくためにも利益は必要ですが、それも適正な額に抑えました。
1102-2[1]
また、矯正において、装置や材料などの原価はもちろんそれなりにしますが、皆さんが思うよりもずっと小さく、費用のほとんどは技術料(利益を含む)になります。
(心配されないように改めて言いますが、矯正装置やワイヤーなどの材料は良いものを使わないと歯の動きに関わってきますので、削ることが出来ません。 摩擦が小さくコンパクトな装置や、滑りが良くて弱い力が持続的に働くワイヤーなど、ちょっとお高い製品を使っています。)

さらには、審美歯科ではどうしても外注費が高くなるのですが、即日治療が可能なコンポジットレジン充填、CAD/CAM技術を用いたジルコニアセラミックなども適材適所に使い分けて、費用を抑えられるようにしています。
(なお、十分な審美性と強度を持つ材料を用いたり、腕の良い(ちょっとお高い)外注先(技工所)とタイアップしたりしていることは、これまた当然です。
中国など海外の安い所で作ってもらって治療を進めるところもあるようですが、私が求める審美性と安心を追求するには、国内の腕の良い所でないとダメです。)

このような工夫と努力の結果、
少しでも安い治療費で矯正・審美治療を提供できるようにしているのです。
1102-6[1]

タグクラウド

ローン

menu