前歯のオールセラミッククラウン

当院でも、今年の春から『オールセラミッククラウン』を治療メニューに導入しています。
オールセラミクッククラウン


それまでも、やってはいましたが、積極的なお勧めはしていませんでした。


「なぜか?」というと、
今までのオールセラミッククラウンでは、仮付けをして様子を見る。。。ということができなかったからです。(今までのは、最初から本付けをする一発勝負でした。)

ところが、昨年から導入した高精度&高強度のジルコニアクラウンの製作法がいろいろと工夫されて、今までだったら金属を用いるしかなかった部分を、白いジルコニアに換えて作ることが出来るようになりました。
 これがそのジルコニアで作ったフレームです
オールセラミッククラウンのジルコニアフレーム
その結果、オールセラミッククラウンであっても、従来のように仮付けをして様子を見ることが出来るようになったのです。
仮付けさえできるならば、こっちのものです。

考えてもみてください。
前歯に新しくセラミッククラウンが入ったとき、

『鏡を見せられて歯科医院の椅子の上に座ってその場で判断するだけ』
『1週間ぐらいじっくりと何度も見比べて様子を見て判断する』

あなただったら、どちらを選びますか?

いくらステップを踏んで丁寧に作っても、人の手が作るものです。
咬み合せはもちろんですが、
歯の色や形、大きさなどなど、本当に自然で違和感のない見た目になっているのか!?
そのことを納得いくまで確認したくないですか?
「うん、これなら大満足!」
という気持ちになってから、磨きなおして、治療を終わりたいものです。

白くすることが審美歯科ではありません。
違和感のない自然な見た目で、前よりも白くてきれい! という欲張りを目指すのが審美歯科です。

 

【補足】従来のオールセラミッククラウンは、接着剤でくっつけることにより歯と一体化して強度が上がるものでした。 ですから仮付けをすると、様子を見ている間に割れてしまったりするリスクがあったので、仮付けを出来なかったのです。

従来のオールセラミックが一発勝負と言われる由縁です。。。

タグクラウド

ローン

menu