前歯が出てるのをセラミックで引込めました♪

「上の前歯が出ていて気になる・・・
あまり時間をかけずにきれいにしたい!」
と、相談に来られたのはYさんです。
出ている前歯の審美治療前

出ている前歯の審美治療前 出ている前歯の審美治療前

前歯のデコボコ(叢生)としては、よくある歯並びですね。
もしも、矯正治療で治すならば4本抜歯して1年半前後の時間をかけて治療を進めることになるでしょう。
しかし今回はYさんの希望であまり時間をかけずにきれいにしたい!ということでしたので、「出ている上の前歯2本を削って、セラミックを被せるという審美歯科治療」で進めるプランを選択しました。

この時点でちょっと問題になったのが、下の前歯です。
出ている前歯の審美治療前 出ている前歯の審美治療前
下の前歯が出ている上の前歯の裏側にしっかり噛みこんでいるので、上の前歯だけを削って引込めるには限界があることが予想されました。

あらためてシミュレーションで確認したところ、
審美歯科のシミュレーション
前歯の見た目を十分に改善できることが分かりましたが、
やはり、下の前歯の先端を一部削って咬み合せの調整をしなければいけないことも分かりました。 それが、模型で赤い印が付いた所です。
(歯の先端を斜めに削りますから、歯が極端に短くなったりする心配はいりません)
審美歯科のシミュレーション

そのあたりを含めてYさんには納得していただけたので、さっそく審美治療を始めることにしました。 まずは、シミュレーションで「OK!」をもらったのと同じ形の仮歯を準備した上で、
審美歯科のシミュレーション
いよいよ、前歯を削って仮歯を被せます。
「OK!」をもらったシミュレーションと同じ歯並びになってもらうわけですね。
下の前歯の部分にはガイド(赤いやつです)を付けて、削りすぎないように注意しています。
審美

それで、仮歯に置き換えられた状態がコレです。
審美歯科の治療中(仮歯)
気になる前歯の咬み合せにクローズアップすると、
審美歯科の治療中(仮歯)
この通り、出ていた上の前歯がしっかりと内側に並び、前歯がきっちりと咬み合っていることが分かると思います。

上の正面の前歯を削る際に、痛みを起こさないために歯の神経を取っています。
この後は、その処置の続きでお薬を詰めたり、補強をし直したり、仮歯の形をリクエストに応じて修正したりして、治療を進めていきます。
このような下準備が全て終わり、仮歯の形態などにも同意を得たら、最終的な型採りをして、セラミッククラウンを作って行きます。

そして、審美歯科治療が始まり約3か月後、
出ていた前歯の審美歯科の治療後

出ていた前歯の審美歯科の治療後 出ていた前歯の審美歯科の治療後
どうでしょう!?
とても良い歯並びの感じになってもらえたと思います。
Yさん、これからは自信を持って笑って話してください。 もう遠慮は無用ですよ!

今回の審美歯科治療に要した治療は、約25万円です。
治療期間は3カ月間でした。

タグクラウド

ローン

menu