セルフライゲーションブラケットの威力

いろいろ説明する前に、分かりやすく、前歯が反対に噛んでいる歯並びでお見せします。
K.Oさんの治療前です。
セルフライゲーションブラケットで矯正治療
上の歯の表側にジルコニアブラケットを付けて、治療開始後1か月半です。
セルフライゲーションブラケットで矯正治療

次は、J.Mさんの治療前です。
セルフライゲーションブラケットで矯正治療
上の歯の裏側にセルフライゲーションブラケットを付けて、治療開始後3か月です。
セルフライゲーションブラケットで矯正治療

わずかな期間で歯が動き、前歯の並びが改善されてきていることが分かります。

セルフライゲーションブラケットにもいろいろあるのですが、当クリニックでは、インターアクティブタイプと言われるものを採用しています。 ワイヤーとブラケットの間に生じる摩擦を小さくするだけでなく、時には十分な摩擦力をかけて歯に必要な矯正力を加えることが出来ます。

まず、裏側矯正に用いるブラケットからです。
従来の裏側矯正のブラケット(右側)と新しいセルフライゲーションブラケット(左側)の比較
右が従来のもので、左が新しいものです。
大きさも1/2程度に小さくなり、お口の中での違和感も小さくなっています!

今度は表側矯正に用いるブラケットです。
左側が新しいブラケットで、右側が従来のブラケット
右が従来のもので、左が新しいものです。
一見すると変わりませんが、セルフライゲーションの概念を取り入れた摩擦の少ない構造ものとなっています。

もちろん、表側でも普通のセルフライゲーションタイプを選びたかったのですが、
当クリニックで使っているものと比べてみると、大きな欠点が二つ・・・
セルフライゲーションブラケットの比較
「でかい!」 「金属が見える!」 という点を無視できず、採用できませんでした。

タグクラウド

ローン

menu