クイック矯正(歯並びを審美歯科で治そう) パート4

今度は、ちょっと似た歯並びですが、
『抜歯してセラミックのクイック矯正だけで治した例』と『抜歯せず短期間の矯正を組み合わせた例』、の二つをお見せしましょう。

【ケース4】
T.Aさんですが、「八重歯を治したいけど、装置を付けたくない」
クイック矯正前の笑顔
お口を見ると、
クイック矯正前 クイック矯正前
クイック矯正前 クイック矯正前

いつも通り模型でシミュレーションを行いました。
内側に生えてしまった2本の歯を抜歯した後に、歯4本を削って、前歯6本分のセラミックのブリッジにする治療プランを提案です。
クイック矯正のシミュレーション クイック矯正のシミュレーション

了解を得ましたので、治療を進めました。
クイック矯正後
クイック矯正後 クイック矯正後
そして今の笑顔は、
クイック矯正後の笑顔

【ケース5】
l.Aさんですが、「アメリカへ行くまでに前歯の歯並びを治したい」
左右とも横の前歯が内側に入り込んでいる状態でした。
治療への希望としては、とにかく時間が限られている、矯正装置を付けることに抵抗はないが、出来たら削る歯の数は減らしたい、というものでした。
そこで、まずは短期間の術前矯正を行い、内側の歯を本来の位置まで出すことにしました。 その後、前歯2本をセラミックに換えて審美歯科治療を行う治療プランを提案しました。
了解を得ましたので、さっそく術前矯正から開始です。
クイック矯正前 クイック矯正前
*装置は付いていますが、最初の状態です。
治療が進みやすいように、内側の歯は神経を取り、削って小さくしました。
術前矯正が終わり、歯が本来の位置に並んだ状態です。
クイック矯正の途中 クイック矯正の途中
そして最後に、セラミックにして、
クイック矯正後 クイック矯正後
良い笑顔になりました。
クイック矯正後の笑顔

このように、どちらで治しても良い笑顔になりました。

タグクラウド

ローン

menu