カウンセリングにて

「上の前歯だけが凸凹で、下の歯並びは割ときれい」な方からの相談です。

上の前歯だけを矯正して治せないものか!?という願いが出てくるのは当然のことでしょう。

もしもこの方の凸凹が、歯科医が判断するレベルで ”ちょっとの凸凹” とか ”ひどい凸凹” であれば、何とか希望をかなえてあげられると思います。
でも、”中途半端な(?)凸凹” であると話は変わってきます。

前歯の凸凹を治すためには、凸凹を治すスペースが要ります。
今は、その隙間が足りないから凸凹になってしまっているのですね。

”ひどい凸凹” であれば、歯を抜いてできたスペースを丸々利用して、前歯をきれいに並べますし、隙間も余りません。
”ちょっとの凸凹” であれば、歯の間を少~し削ったり、歯並びを拡大したりして、スペースを作り抜歯せずにきれいに並べてしまいます。

ところが、”中途半端な凸凹” だと、スペースを作るには抜歯しなくてはいけない。
だけど、抜歯すると前歯がきれいになったときに、抜歯により作ったスペースが完全に利用できず余ってしまい、隙間が残ってしまう・・・というジレンマを抱え込んでしまうのです。

この時に下の歯も矯正をしていれば、異なる治療プラン含めてそれなりに何とかする方法があるのですが。。。

上の歯だけの矯正というのは、とても魅力的で簡単そうに思えます。
だけど実際にはなかなかどうして、手強い相手なのです。

この方のような場合、審美歯科であれば対応できることも多いです。 参考までに。

タグクラウド

ローン

menu