すきっ歯を治す!

結構多い悩みが、「前歯の間に隙間があるんです・・・」というものです。

すきっ歯を治すには、
1.矯正治療だけで普通に治す
2.審美歯科だけのクイック矯正で治す
3.矯正と審美歯科のコンビネーションで治す
の三つの治し方があります。
噛み合わせ、隙間の程度や場所、治療期間の希望、歯を削る削らない、など色々な要件を患者さんと相談しながら決めていきます。
それにより、セラミックにする審美歯科だけで十分に治せるものもあれば、術前矯正を加えて審美歯科治療をした方が良いケースなどが出てきます。 もちろん、普通に矯正をしましょうというのも選択肢です。

よく使うのは、ラミネートベニアによる審美修復治療です。
今日は、『ラミネートベニアだけで治した例』と『術前矯正後にラミネートベニアで治した例』をお見せしましょう。

【ケース1】
K.Iさんですが、「前歯の真ん中に隙間がある」
すきっ歯を治す前
前歯2本をラミネートベニアにして治すプランを提案しました。
まずはシミュレーションを行いました。 これは取り外しができるシミュレーション用の仮歯で、自分で前歯の上に置いて何度も見て確認するよう指示しました。
すきっ歯を治すシミュレーション
了解を得ましたので、早速。。。
すきっ歯を治した後

【ケース2】
R.Oさんですが、「前歯の真ん中に隙間がある」
すきっ歯を治す前
ケース1と同様、前歯2本をラミネートベニアにして治すプランを提案しました。
ちょっと隙間が大きいので、治療後に歯が大き過ぎて嫌だ・・・!とかならないように、シミュレーション用の仮歯でよく確認してもらいました。(本人にも、周りの人にも)
幸い了解を得ましたので、こうなりました。
すきっ歯を治した後

【ケース3】
U.Kさんですが、「前歯の真ん中に大きな隙間がある」
ちなみに、歯の数に過不足はありません。
すきっ歯を治す前
すきっ歯を治す前 すきっ歯を治す前
今までのように2本だけラミネートベニアで治すには、隙間が大きすぎます。 ヒラメのようにベタ~とした妙に大きな歯になってしまい、審美的ではありません。
隙間の両脇の歯を削ってブリッジにするという案も、どう考えても審美的ではありません。
かと言って、前歯が噛みこんでいるので、上だけ矯正のみで治すのも難しい。
そこで、術前矯正をして前歯を動かし、正面にある大きな隙間を前歯の間に適当に分散させた後に、前歯4本をラミネートベニアにして治すという治療プランを提案しました。

了解を得ましたので、まずは術前矯正からです。
すきっ歯を治してる途中
順調に歯が動き、隙間が分散してばらけました。
すきっ歯を治してる途中 すきっ歯を治してる途中
最後に、前歯4本にラミネートベニアをしてゴールです。
すきっ歯を治した後

タグクラウド

ローン

menu